品質一番の 2800】 【ペンダント バカラ 913 サファイア ローマンクロス -ネックレス・ペンダント


品質一番の 2800】 【ペンダント バカラ 913 サファイア ローマンクロス -ネックレス・ペンダント



サイズ:4cmX5cm
素材:クリスタル(人工水晶)
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

売り切れ 新入荷

 ウジェーヌ・ドラクロワ - 十字架の下のマグダラの聖マリア 1829
フェルディナン・ヴィクトール・ウジェーヌ・ドラクロワ (1798年 - 1863年) は、フランスの19世紀ロマン主義を代表する画家。
聖十字架は、聖遺物のうち、イエス・キリストの磔刑に使われたとされる十字架。 その断片は各地の正教会をはじめとした東方教会とカトリック教会に祭られ、他の聖遺物とともに信仰の対象となっている。
中世の伝説には、エデンの園の命の木(『創世記』2:9, 4:22)で作られているというものもある。

エルサレムは2度のユダヤ戦争によって破壊され、135年ごろにはローマ風の都市へと再開発されている。
このため、30年ごろの出来事とされるイエス・キリストの磔刑の舞台、ゴルゴタの位置は分からなくなってしまっていた。
伝えらるところによれば、コンスタンティヌス1世の母フラウィア・ユリア・ヘレナ(聖ヘレナ)が326年にエルサレムを訪れ、当時はウェヌス神殿となっていた地をゴルゴタと特定した。
これを取り壊し、建てられたのが現在の聖墳墓教会である。
このとき十字架3つと聖釘などの聖遺物も発見されたという。
3つの十字架のうちのひとつに触れた女性の病が癒されたので、これがキリストが磔にされた聖十字架と分かった。
ヘレナは聖十字架の一部をエルサレムに残し、他の一部と聖釘をコンスタンティノポリスに持ち帰った。
エルサレムの聖十字架は聖墳墓教会に置かれてたが、ヘラクレイオス帝の時代の614年にサーサーン朝ペルシアに奪われた。
ヘラクレイオスの東ローマ帝国はニネヴェの戦い (627年)でサーサーン朝軍を破ると628年にこれを取り戻しコンスタンティノポリスに持ち帰ったが、後にエルサレムに戻された、1009年ごろからはエルサレムのキリスト教信者たちの手で隠されていた。
1099年に第1回十字軍が発見したとき、黄金の十字架にその木片が埋め込まれていた。 戦のたびにこの聖十字架は戦陣に持ち込まれたが、1187年のハッティンの戦いで奪われ、失われた。
早い時期から聖十字架は分割され、あちこちに置かれたらしい。
また1204年に、フランスの諸侯とヴェネツィア共和国が主体の第4回十字軍が東ローマ帝国の首都であったコンスタンティノポリスを占領した。
このとき十字軍は、他の財宝とともに、金や宝石で飾られた聖十字架の断片を奪い、持ち帰っている。 その他聖十字架の破片であると主張される木片は多いが、総計すると十字架数十本分に当たり、ゆえにほとんどがまがい物であり、そもそも“キリストが磔にされた十字架”の存在・再発見の真実性まで辿り考えることとなる。

ピエロ・デラ・フランチェスカ シバの女王の聖木礼拝
初期イタリア・ルネッサンスの巨匠としても名高いピエロ・デラ・フランチェスカ
シバの女王はシバ王国の支配者で、ソロモンの知恵を噂で伝え聞き、自身の抱える悩みを解決するために遠方の国家からエルサレムのソロモン王の元を訪れたとされる。その来訪には大勢の随員を伴い、大量の金や宝石、乳香などの香料、白檀などを寄贈したとされる。
新約聖書ではこの名での言及は無いが、代わりに『地の果て』からやって来た南の女王と表現される。
その統治期間はソロモン王とほぼ同時期の紀元前10世紀頃と推定される。
シバ王国の所在については有力視される2つの説があり、エチオピア説によればその名をマケダと呼び、イエメン説によればビルキスと呼ぶ。
ただし、両説ともこれを裏付ける考古学的発見は未だ皆無である。

ソロモンとシバ
エドワード・ジョン・ポインター シバ女王のソロモン王訪問 1890 
ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館
初代准男爵、サー・エドワード・ジョン・ポインター(1836年 - 1919年)は、イギリスの画家。
ソロモン(紀元前1011年頃 - 紀元前931年頃)は、旧約聖書の『列王記』に登場する古代イスラエル王国の第3代の王(在位紀元前971年 - 紀元前931年頃)。父はダビデ。
母はバト・シェバ。エジプトに臣下の礼をとり、ファラオの娘を降嫁されることで安全保障を確立し、古代イスラエルの最盛期を築いた。
ソロモンの知恵の深さと浩瀚な知識は周辺諸国にも知られ、親交を求めて来朝する王や使者のなかにシバの女王もおり、ソロモンの英知を試すため、わざわざみずからやってきたという。『ユダヤ古代誌』

クリスマスプレゼントに

クリスタル(人工水晶)

クリスタルの王者  バカラ
透明なクリスタルに 条理(溶融対流)のゆらめきが  通電溶融のガラスに無い 深い重厚感をかもします。

1764年 当時、フランスは打ち続くナポレオン戦争の終焉冷めやらず、経済的疲弊から 復興のために、フランス東部のロレーヌ地方統主であるモンモランシー・ラバルは ガラス業界への参入を考案し、 国王のルイ15世に ガラス工場設立の認化を求めて 承認され パリから約400km東にある ロレーヌ地方のバカラ村(人口約5000人の村の働き手の半分が 美の創造の担い手)に、ガラス工場がつくられたのが輝きの歴史の始まりです。
1817年、本格的なクリスタル制作を開始 1823年のパリ国民博覧会では そのクリスタルの透明度の高さと繊細なカットの巧みさが認められ 金賞を受賞。以来、ルイ18世を始め世界の一流人士のご愛好は 枚挙に暇がありません。
現在まで マキシム エリゼ宮など 世界の一流品の集まるところに クリスタルは バカラが 所を占めております。
今でもフランスで製造されるクリスタルの約半数はバカラの制作品です。
完璧のポリシーのもと、その技術の高さは約40名以上の「MOF(フランス最優秀職人)」を輩出ししているのでも 証明されています。