古典 DJ-808 ) ローランド ( Roland ◆ DJ】 ◆【送料無料】【PC AIRA-DJコントローラー


古典 DJ-808 ) ローランド ( Roland ◆ DJ】 ◆【送料無料】【PC AIRA-DJコントローラー




Serato DJのための唯一無二のコントローラー

◆ DJ-808 ◆ AIRA ◆

● ローランドのドラムマシンTR-606、707、808、909のキック、スネア、クラップ、ハイハットを内蔵
● TR-Rec可能なリズム・シーケンサーを使ってSerato Samplerをコントロール可能
● VTボイス・トランスフォーマーでピッチ、フォルマント変更ができ、さらには、Seratoキーとのマッチングも可能。
● HOT CUE、ROLL、TR、SAMPLERなどを操作可能なベロシティー対応RGBカラー・パッドを搭載。
● 超ロー・レイテシーの大型プラッターには、見やすいディスプレイを統合。
● 同時に4種類のエフェクトを設定可能なマルチエフェクターを搭載。
● 外部オーディオも含めミックス可能な本格的な4チャンネル・デジタル・ミキサー。
● MIDI、AIRA LINK(USB)で外部機器との接続が可能、Serato DJと同期演奏。
● 24bit/96kHzのハイレゾリューションで動作。
● デュアル・デッキ・モードで2つのデッキを同時にコントロール可能。デッキは切り替えで最大4台をコントロール可能。
● 100mmピッチの本格的フェーダーを搭載。
● Serato DJのフル・バージョンが使用可能。定評のあるSerato PITCH’n TIME DJ のライセンスも付属。
● ターンテーブルや、Serato DVSライセンスを購入すればPioneer CDJも接続可能。

◆ DJ-808 主な仕様

◆ サイズ(幅×奥行×高さ)

● 668 × 427 × 84 (mm)

◆ 重量

● 680 g (ACアダプターを除く)

◆ 接続端子

● INPUT(1~4)端子:RCAピン・タイプ
● MIC IN端子:コンボ・タイプ(XLR、TRS標準(バランス))
● MASTER OUT 1端子:XLRタイプ(バランス)
● MASTER OUT 2端子:RCAピン・タイプ
● BOOTH OUT端子:TRS標準タイプ(バランス)
● PHONES端子:ステレオ標準タイプ、ステレオ・ミニ・タイプ
● USB HOST端子:USBタイプA
● PC端子:USBタイプB
● MIDI OUT端子
● DC IN端子
● PHONO GROUND端子

◆ 信号処理

● サンプリング周波数:96kHz、48kHz、44.1kHz
● ADコンバーター:24ビット
● DAコンバーター:32ビット

◆ 規定入力レベル

● INPUT(1~4)(RCAピン・タイプ、LINE入力モード):-12dBu
● INPUT(1、2)(RCAピン・タイプ、PHONO入力モード):-39dBu
● MIC IN(コンボ・タイプ):-60dBu

◆ 規定出力レベル● MASTER OUT 1:+6dBu(バランス)
● MASTER OUT 2:0dBu
● BOOTH OUT:+6dBu(バランス)
◆ ヘッド・ルーム● 18dB
◆ 入力インピーダンス

● INPUT(1~4)(RCAピン・タイプ):47kΩ以上
● MIC IN(コンボ・タイプ):7kΩ以上

◆ 出力インピーダンス

● MASTER OUT 1:600Ω(バランス)
● MASTER OUT 2:1kΩ(アンバランス)
● BOOTH OUT:600Ω(バランス)
● PHONES:44Ω

◆ 周波数特性

● 96.0kHz:20Hz~40kHz(+0/-2dB)
● 48.0kHz:20Hz~22kHz(+0/-2dB)
● 44.1kHz:20Hz~20kHz(+0/-2dB

◆ ノイズ・レベル

● INPUT(1~4)→MASTER OUTPUT 1:83dBu typ.
● (GAINつまみ:最少、入力1kΩ終端、チャンネル・フェーダー:最大、IHF-A、typ.)

◆ ダイナミック・レンジ● MASTER OUT:115dB
● BOOTH OUT:115dB
● PHONES:115dB

◆ご注文前に必ずご確認ください。
こちらの商品は発売前のご予約商品です。
他のサイトでも販売を行っております。在庫状況の更新は迅速な対応を心がけておりますが、タイムラグが発生する場合がございます。
その為、ご注文のタイミングで2次入荷分以降のご予約になる場合がございますので、誠に申し訳ございませんが何卒ご了承ください。

※上記製品仕様は2016年09月時点のものです。
随時更新するよう努めてはおりますが、最新状況は常に変動するため合わせてメーカーでもご確認下さい。